SE構法で建てた長期優良住宅の二世帯住宅です 外壁は重厚感のあるスクラッチタイル  伊東工務店の作品事例





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

■SE構法でつくる長期優良住宅 現場LIVE Ver.2

 現場LIVE Ver.1はこちら

建築主様のご好意により、施工風景を公開します。

「つくっては壊す」のではなく、「いいものをつくり、長く大切に使う」時代へ。長期優良住宅の考え方が広まるにつれ、家づくりの常識が変わりつつあります。
厳密な構造計算による耐震性・耐久性があること。間取りや設備を、ライフスタイルに合わせて変えていけること。施工や改修などの履歴を記した「住宅履歴書」によって、家を"資産"としても捉えられること。今日の長期優良住宅のテーマです。

建て方風景はこちら ここをクリック

建物概要

■工事名   某邸新築工事
■建設地   甲斐市内
■構 造   SE構法2階建
■用 途   専用住宅
■建物仕様  長期優良住宅 長期優良住宅はこちら
■耐震等級  3
■工 期   2014年3月着工 2014年10月竣工予定

■外観その4 2014年9月30日(火)

完成しました、外観全景です。

■外観その3 2014年9月27日(土)

玄関脇の物置スペースをアルミ横格子でデザインしました。

■内観 2014年9月20日(土)

内部のクリーニングが終了しました、間もなく完成です。

■外観その2 2014年9月16日(火)

エントランスホールです、正面が植栽スペース、土間の白御影石も完了しました。

■外観その1 2014年9月9日(火)

今日は内部撮影と思っていましたが、内部では壁面塗装を行っておりましたので、外部でアングルを変えたものをアップします。もうすぐ完成です。

■階段設置 2014年9月4日(木)

木工事が完了しました、写真はリビングの階段を設置した状況です、現場では内装(クロス、塗装)工事が始まりました。

■木工事 2014年8月21日(木)

リビングの壁面です、欅板の横貼りです。

■木工事 2014年8月9日(土)

屋外ポーチより植栽スペースを見ています。向かって右側が玄関ドア、左側は勝手口です。

■木工事 2014年8月7日(木)

内部の造作工事が進められています、写真は和室の造作です、松の皮付き丸太が見えます。

■外部工事 2014年7月31日(木)

昨日、外部足場を解体しました。シャープな外観となりました。

■浴室工事 2014年7月11日(金)

浴室は2階にあります、TOTOサザナ1616サイズです。現在1階を造作中です。

■外壁工事 2014年6月20日(金)

外壁のサイディング貼りが終了しました。外観の全体像がわかると思います。
破風板を小さく見せることにより、さらにシャープな外観となります。

■断熱工事 2014年5月30日(金)

先日の基礎内断熱に続き、外壁と屋根の断熱工事です、これは現場発砲ウレタンと言い、性能も良く隙間無く施工出来る事が最大の特徴です。こうした断熱工事は一日で作業が完了します。

■外壁工事 2014年5月20日(火)

外壁に構造用合板を貼った後、透質シートを貼ります、このあと通気胴縁設置後、サイディング工事となります。

■屋根工事 2014年5月12日(月)

屋根はガルバリウム鋼板横葺きです、カラーは黒としました、シャープな外観です。

■木工事 2014年5月8日(木)

SE構法の「肝」の一つである、外壁の構造用合板(9mm1級)です、集成材や特殊金物と同じく大事な「構造」を作る要素となります。

■断熱工事 2014年5月1日(木)

1階の床貼りに先立ち、基礎内断熱です。
現場発砲ウレタンと言い、熱伝導率も0.0346w/m2kと。高い断熱性能を持ちます。断熱方法には外断熱や内断熱、グラスウールやロックウールなど様々な材料や施工方法があります。

■屋根工事 2014年4月29日(火)

外壁の構造合板も貼り終わり、いよいよ本格的に屋根金属工事です、ガルバリウム鋼板の横葺きです。

■木工事 2014年4月21日(月)

週末は天候が不順でしたが、屋根廻りがまとまりルーフィング敷き込みまで完了しました。

■木工事 2014年4月17日(木)

天候にも恵まれ、本日建て方を行いました。スムーズに捗りました。

■木工事 2014年4月15日(火)

土台敷き工事が完了し、構造体にも金物が取付けられました。いよいよ建て方となります。

■基礎工事•木工事 2014年4月10日(木)

基礎工事が完了しました、黒く見えるのは柱と基礎の構造体を直接結ぶPH金物です。
ここもSE構法の「肝」の一つです。

■基礎工事 2014年3月28日(木)

耐圧盤打設前状況です、このあと配筋検査が行われ、生コンクリートをポンプ車にて打ち込みます。
建物のコの字型の様子が分かると思います。

■基礎工事 2014年3月20日(木)

基礎工事の様子です、耐圧盤の打説前の砕石事業です、SE構法では捨てコンクリート後にアンカーセットを行うためのベースプレートを先付けします。


■地鎮祭を執り行いました 2014年1月21日(金)

工事に先立ち、本日天候にも恵まれる中、地鎮祭を執り行いました。