SE構法で建てた長期優良住宅の二世帯住宅です 外壁は重厚感のあるスクラッチタイル  伊東工務店の作品事例





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

■SE構法でつくる長期優良住宅 現場LIVE Ver.3

 YouTubeでどうぞ

建築主様のご好意により、施工風景を公開します。

「つくっては壊す」のではなく、「いいものをつくり、長く大切に使う」時代へ。長期優良住宅の考え方が広まるにつれ、家づくりの常識が変わりつつあります。
厳密な構造計算による耐震性・耐久性があること。間取りや設備を、ライフスタイルに合わせて変えていけること。施工や改修などの履歴を記した「住宅履歴書」によって、家を"資産"としても捉えられること。今日の長期優良住宅のテーマです。

建物概要

■工事名   某邸新築工事
■建設地   南アルプス市内
■構 造   SE構法2階建
■用 途   専用住宅
■建物仕様  長期優良住宅 長期優良住宅はこちら
■耐震等級  3
■工 期   2014年12月着工 2015年6月竣工予定

■竣工しました 2015年6月21日(火)

竣工しました、SE構法でつくる長期優良住宅です、昨年暮れより工事に着手し、1月19日に上棟した建物です、66坪と少々大きいですが、これから新しい生活がここから始まります。
ありがとうござました。

■内装工事 2015年6月10日(水)

内装工事に続き、設備機器が設置しました。本日クリーニングまで終了しています。
外観写真等は、外構工事終了後にアップします。

■太陽光発電設備工事 2015年5月15日(金)

10.8kwの太陽光発電パネルを設置してあります、20年固定買取に間に合いました。

■木 工事 2015年4月26日(月)

いよいよ階段工事となりました、蹴上げ(一段の高さ)は185mmと緩やかな階段としました、木工事も終盤です。

■木 工事 2015年4月15日(水)

1階床貼り工事です、(株)マルホンさんの無垢フリーリングです、緑色に見えるものは、床と床の間に予め入れておくスペーサーです、本物の木なので収縮や伸びが発生するためこうした仕掛けが必要となります。

■外部工事 2015年4月8日(水)

外部足場が外れた後、現在住んでいるところから松、梅、金木犀を移植しました、建物には緑が欠かせません、
写真は私のカメラで撮影し、遠近法で加工をしています、シャープな外観となりました。

■太陽光発電設備工事 2015年4月2日(水)

昨今住宅建築では一般に行われるようになりました、容量は10.8kwです、東京電力による固定買取制度の影響もあり、10kw以上を載せる計画が多くなりました。
屋根の上部に設置したのは、積雪を考慮したものです。

■ユニットバス工事 2015年3月11日(水)

ユニットバスが設置されました、TOTOサザナの1620サイズです、一昔前までは、浴室といえばタイル屋さんが1週間程度かけてタイルを貼ったものですが、現在ほとんどの住宅ではこうしたユニット化が定着しています。

■断熱工事 2015年3月9日(月)

内部の造作が進んできました、ここの断熱材は現場発砲ウレタンと言って、壁や屋根面に吹き付けして行います
壁80mm屋根面は160mmです。

■外壁工事 2015年2月27日(土)

外壁工事に先立ち、竪胴縁が完了しました、いよいよ外壁工事となります。

■外壁工事 2015年2月17日(火)

サッシュも設置出来、いよいよ外壁工事が始まります、白く見えるのは透湿シートです、これに中空下地を施工した後に外壁を貼り出します。

■屋根工事 2015年2月16日(月)

屋根工事の様子です、今回は10.8kwの太陽光発電設備を設置します。

■木 工事 2015年2月2日(月)

長期優良住宅の場合、必要な仕様(建物の性能)の一つに「省エネルギー性」は「次世代省エネルギー仕様であること」が求められます。
この建築では、基礎内断熱工法である「現場発砲ウレタンフォーム」を吹き付けています。
断熱性能も0.0346 W/(m・K)という基準です。

■木 工事 2015年1月31日(土)

SE構法では、先にご紹介した金物の他に「構造壁」があります、これは1級の構造合板(9mm)を一定のピッチで釘締した壁を言います、これも構造の「肝」の一つです。

■木 工事 2015年1月19日(月)

SE構法の金物です、建ててしまえば見えなくなってしまう構造の「肝」の一つです。

■木 工事 2015年1月19日(月)

天候に恵まれる中、本日建て方が行われました。大型クレーン(これはJR東日本御用達の軌道クレーン)を使い柱を先行して建て、梁を落としていきます、この日の作業は日没まで行われ、66坪の構造体の組み上がりは完了しました。

■木 工事 2015年1月17日(土)

土台敷きが完了し、外部先行足場も設置しました、いよいよ19日(月)に建て方が始まります、建て方の状況は、別ページにて動画をアップしますのでお楽しみに。

■木 工事 2015年1月13日(火)

いよいよ木工事のはじまりです、基礎と柱を直接つなぐPH12という金物です、位置や高さを調整しながら設置します、このあと土台敷きの工程となります。

■基礎工事 2015年1月8日(木)

立ち上がり基礎を打設後、外廻りの給排水衛生設備工事を先行します、土間コンクリート下地も平行して行われています。

■基礎工事 2014年12月19日(金)

本日クレーンにてベースを打設しました、お天気も最高です。

■基礎工事 2014年12月18日(木)

アンカーセットとベース配筋が完了しました、明日打設です。

■基礎工事 2014年12月12日(金)

砕石事業を終え、捨てコン打設したあとアンカーセットです。

■基礎工事 2014年12月6日(土)

基礎工事に入りました、基礎形状は「ベタ基礎」です、現在根伐り中です。

■杭 工事 2014年11月29日(土)

地盤補強工事です、この工法はハイスピード工法と言います、直径400mmの穴を支持層まで明けて、40mm〜20mmの自然石を投入し閉め固める方法です。

■着工前 2014年11月25日(月)

着工前状況です、静かな住宅地です。

■地鎮祭を執り行いました 2014年11月16日(日)

工事に先立ち、本日天候にも恵まれる中、地鎮祭を執り行いました。