認定こども園を大規模木造建築で作る  伊東工務店の作品現場ライブ





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

    認定こども園を、木造で建てる

子どもを大きく育てる」
すばらしい環境の中、認定子ども園の建て替え工事が始まりました。
子どもたちの健やかな成長を考えた、大規模な木造平屋建での建築です。
このページでは建築主様のご好意により、建築現場の進捗状況をお見せしながら、その状況をわかりやすくお伝えしていきます。

 建物概要

■工事名   認定子ども園建替え工事
■建設地   山梨県
■構 造   SE構法平屋建  SE構法はこちら
■用 途   幼保連携型認定子ども園
■建築面積  1.643m2
■工 期   2018年9月着工 2019年7月竣工予定

■外観状況 2019年3月9日(土)

 現在の外部状況です。外壁は透湿シートを貼り竪胴縁が組まれています。屋根工事も終了し外壁工事に入ります。

■木 工事 2019年3月2日(土)

 床断熱は、ミラフォーム100mmを使用しています。延使用枚数はおよそ800枚です。

■木 工事 2019年2月26日(火)

 床下地の状況です。@910で大引きを組んでいます。

■木 工事 2019年2月20日(水)

 お遊戯室の前にあ8角形ホールを、下から広角レンズ(18mm)で撮影しました。

■断熱工事 2019年2月18日(月)

 1工区の屋根の断熱工事が終了し内部足場を解体しました。この後、給排水設備工事を行て床工事に入ります。

■空撮 2019年2月13日(水)

 空撮で使用しているドローンは、DJIのSparkです。地上88mから全景を撮影しました。

■屋根工事 2019年2月12日(火)

 3工区の屋根工事状況です。ガルバリウム鋼板葺きも大きな面積だと綺麗です。

■屋根工事 2019年2月6日(水)

 2工区の屋根工事です、3工区はアスファルトフェルトまで敷き込みました。

■SE構法の梁 2019年1月31日(木)

 お遊戯室にかかる化粧梁(120mm×600mm)です。奥に見えるのが11.3mの大梁で、大きな空間を支えます。

■上棟式 2019年1月29日(火)

 本日、大安吉日に上棟式を執り行いました。(ドローンにて上空30mより撮影)

■建て方(3工区3日目) 2019年1月26日(土)

 3工区の三日目です。三日目です。垂木が掛かりました。

■建て方(3工区1日目) 2019年1月24日(木)

 3工区の建て方が始まりました。2工区では屋根工事が始まりました。

■屋根工事(1工区) 2019年1月21日(月)

 1工区の屋根です、ガルバリウム鋼板竪ハゼ葺きです。

■建て方(2工区二日目) 2019年1月19日(土)

 地上100mかドローンからの撮影です。

■建て方(2工区二日目) 2019年1月19日(土)

 垂木まで架かりました。ドローンからの撮影です。

■建て方(2工区) 2019年1月17日(木)

 2工区の建て方が始まりました。安定した天候が続いています。

■建て方(1工区二日目) 2019年1月12日(土)

 大型クレーンを2台使いながらの建て方で、順調に組み上がっていきます。写真はドローンでの空撮です。写真右側下に見えるのが、スパン11.3mのお遊戯室に架かる梁です・

■建て方(1工区) 2019年1月11日(金)

 本日大安吉日に建て方を行いました。風もなく比較的穏やかな日となりました。

■空撮(くうさつ) 2019年1月6日(日)

 ドローンで地上75mからの空撮映像です。その規模がわかります。

■木工事 2018年12月29日(土)

 園のお遊戯室にかかる11mの大梁です。W=300H=900

■木工事 2018年12月28日(金)

 園のお遊戯室にかかる11mの大梁(W=300 H=800)を受ける柱却金物(PB30)です

■木工事 2018年12月26日(土)

 柱却金物を設置しました。この黒い金物へ柱が設置されます。

■基礎工事 2018年12月26日(土)

 基礎が完了し墨出しを行った後、柱却金物を設置します。その数量は150箇所あり位置を正確に出して施工します。外部足場も設置されました

■基礎工事 2018年12月7日(金)

 立ち上がりコンクリートを打設しました。

■基礎工事 2018年11月29日(木)

 ベースコンクリート打設完了。アンカーセットも慎重に行いました。

■基礎工事 2018年11月29日(木)

 ベースコンクリート打設です。朝7:00よりポンプ車二台での打設です。コンクリートミキサー車でおよそ70台を打ちます。この日は14:30に打ち終わりました。大変お疲れさまでした。

■基礎工事(鉄筋工事) 2018年11月27日(火)

 鉄筋工事が終了し、配筋検査も行われました。いよいよコンクリート打設が行われます。

■基礎工事(鉄筋工事) 2018年11月15日(木)

 鉄筋工事に入りました。整形した地中梁から順序よく組み立てていきます。鉄筋屋さんも一日12〜15名の職人さんで作業を行っています。

■基礎工事 2018年11月9日(金)

 捨てコン打設後、通り芯の墨出しを行って砕石を入れ込みます。地中梁の整形も同時におこなてって進められます。

■基礎工事 2018年11月6日(火)

 捨てコンの打設です。捨てコンとは基準となる高さを出し、これに建物の位置(芯墨)を出すために行う大事な工程です。一般的には無筋コンクリートで強度もfc18程度を使うのが一般的で、その厚みも50mm程度です。

■基礎工事 2018年10月25日(木)

 基礎工事が始まりました。正確に位置を出し掘り進んでいきます。根伐りには小型重機と2トンダンプで場内整理をしながら進めていきます。意外にも小石が多い地盤です。

■地鎮祭 2018年10月17日(水)

 建築工事の起工に先立ち、その土地の神を祀って、工事の無事を祈る儀式とされています。土祭りや地祝いとも呼ぶ地域もあります。
この日は天候にも恵まれ、秋の穏やかな陽気の中で執り行われました。

■擁壁工事 2018年10月11日(木)

 建物本体工事に着手する前に、敷地外周のコンクリート擁壁工事が行われます。

■解体工事終了 2018年10月1日(水)

鉄骨の基礎まで撤去し、解体工事が終了しました。この後境界壁工事に入ります。

■解体工事 2018年9月19日(水)

解体工事はこうした大型重機が使われます。白い残骸はALCです。これも全て分別した上で処理を行います。

■解体工事 2018年9月3日(月)

いよいよ解体工事が本格的に始まりました。石膏ボード、木材、金属と全て分別を手作業で行いながら解体工事が進められます。主には大型重機の先端に、鉄骨を切断するアタッチメントなどを使って進められます。

■解体前神事 2018年8月25日(土)

引越しも終了し、解体工事に先立ち「取毀祭」を行いました。

■着工前 2018年8月21日(火)

猛暑の中、お引越しが着々と進んでいます。皆さん大変ですが一生懸命行っています。暑い中大変お疲れ様です。