SE構法で建てる長期優良住宅です  伊東工務店の作品事例





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

■SE構法でつくる長期優良住宅 2017夏 現場LIVE Ver.9

建築主様のご好意により、施工風景を公開します。+パッシブこちら

「つくっては壊す」のではなく、「いいものをつくり、長く大切に使う」時代へ。長期優良住宅の考え方が広まるにつれ、家づくりの常識が変わりつつあります。
厳密な構造計算による耐震性・耐久性があること。間取りや設備を、ライフスタイルに合わせて変えていけること。施工や改修などの履歴を記した「住宅履歴書」によって、家を"資産"としても捉えられること。今日の長期優良住宅のテーマです。

建物概要

■工事名   某邸新築工事
■建設地   甲斐市内
■構 造   SE構法2階建
■用 途   専用住宅
■建物仕様  長期優良住宅 
■耐震等級  3
■工 期   2017年6月着工 2017年10月竣工予定
■設 備   パッシブパッシブ冷暖はこちらから

■上棟式 2017年8月9日

本日、大安吉日に上棟式を執り行ないました。

■構造&パッシブ冷暖見学会 2017年8月5日〜6日

5日と6日に表題の見学会を行いました。多くのお客様においで頂き、仕上がれば隠れてしまう大事な構造と床下エアコンである「パッシブ冷暖」をご覧頂きました。

■外壁工事 2017年8月1日

外壁工事が始まりました。黒色カラーで締った外観です。

■パッシブ冷暖工事 2017年7月24日

パッシブ冷暖のチャンバーよりダクト配管の状況です。床下もこの状況です。この後、28mm合板を貼ります。

■断熱工事 2017年7月20日

ミニマムで、最適な冷暖房システムです。暖房はヒートポンプエアコンで「床下空間」を暖めることで足下からじんわりと暖かく、冷房は、床下空間をある程度冷やしながら、冷たい熱を一旦天井に上げ、上から降ろす冷気で「やわらかな冷房」で心地よい涼感が得られます。写真は、熱を逃がさないための床断熱工事の状況です。パッシブ冷暖システムはこちら

■木工事 2017年7月17日

ダイニングからキッチン空間を撮影しました。南側には高さ2.200×幅2.600の掃き出し窓から勾配天井とした先には、頂側窓(ちょうそくまど)を計画してあります。片方はFIXとし、左側へはチェーン式開閉のすべり出し窓を設置しました。やわらかな北側採光の取り込みと、ゆるやかに抜ける立体通風を考慮しました。

■屋根工事 2017年7月8日

屋根板金工事です。ガルバリウム鋼板竪ハゼ葺き(2.5/10)です。カラーもブラックで締った色となりました。

■木工事 2017年7月3日

このところの安定しない天候の中、3日に建て方を行いました。台風も来ているので雨仕舞いもしっかり行います。

■仮設工事 2017年6月29日

建て方に先立ち、こうした外部に作業床を予め作っておく事で、作業が安全でスムーズに行えます。

■木工事 2017年6月27日

SE構法の場合、通常の工法と違い、こうして先に金物を取付ます。建て方時にはドリフトピンで締めて完了です。

■木工事 2017年6月26日

黒い部分が気密パッキンで、金物の出っ張りがあるところは柱却金物(PH12)です。今日はこの金物付けと土台敷き込み作業です。

■基礎工事 2017年6月23日

立ち上がりの型枠も外れ、屋外給排水設備工事まで完了しました。南面に立ち上がり基礎がないのは、「パッシブ冷暖システム」により構造計算の上、逆さ梁とした結果です。

■基礎工事 2017年6月17日

立ち上がりのコンクリートを打設しました。レベラーで高さを調整してシート養生です。

■基礎工事 2017年6月12日

本日クレーンを使い基礎コンクリートの打設です。梅雨に入りましたがこのところ安定した天候に恵まれています。

■基礎工事 2017年6月10日

鉄筋工事が完了しました。この後配筋検査を行いコンクリートの打設です。

■基礎工事 2017年6月6日

外周部の型枠が入り、アンカーベースとアンカーをセットしました。

■基礎工事 2017年6月2日

捨てコン打設後、墨出しをしたらアンカーベースの先付け金物を固定します。このあと型枠鉄筋工事と続きます。

■基礎工事 2017年5月31日

昨日より着工しました。根伐りして砕石転圧後、本日捨てコンを打設しました。

■地鎮祭 2017年5月15日

工事の安全とお施主様の繁栄を祈念して、天候に恵まれる大安吉日の日に、地鎮祭を執り行ないました。

■地縄貼り 2017年5月13日

建物の位置を出し、GL(グランドレベル)の確認作業です。