高齢社会に向けた空間の創造 「暮らし」をつくる福祉住環境 バリアフリーを提案する工務店です





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

お客様の声 南アルプス市S邸

出会いの大切さを実感しました

Q1.伊東工務店と出会ったきっかけは?

妻が医療関係の仕事をしていて、それまでも、住環境コーディネーターという存在を知っていたのですが、どこで探せば良いかわかりませんでした。そこで、社会福祉協議会に相談をしたところ、伊東さんを紹介してもらいました。
偶然にも、妻の仕事先での知り合いも伊東さんで設計したということを聞いて、「あの人の家を設計したのであれば大丈夫だろう」と安心して伊東さんに来ていただきました。
実は、伊東さんに出会う前に別の工務店で打ち合わせをしていたんです。でも、対応や提案に対して不信感を持ってしまって、時間もないし、どうすれば良いかと困っていたので、伊東さんに出会えてホントに助かりました。

Q2.今回のリフォーム計画を教えてください。

母の体調が悪くなり、入院したのですが、退院後は車いすになり自宅で介護をしなければいけなくなるということになりまして、急遽介護に対応したリフォームを退院までにしなくてはいけないという状況になったのです。
当初は、素人ながら「トイレに近いところに母の寝室を増築すれば良いだろう」と思い、玄関の横のスペースに部屋を増築する予定でいました。最初の工務店にもその方向で相談していたんです。
ところが、伊東さんに相談したところ、「そこに増築するのは構造的にも法規的にも問題がありますよ」と指摘されてしまいました。このように、しっかりと正直に指摘してくれたことも伊東さんを信頼したひとつですね。
そこで、南側に使ってなかった部屋がひとつあったのですが、伊東さんから「この部屋を改修して、部屋の中にトイレもつけたらいいじゃないですか」と提案していただきました。
正直、トイレを部屋の中につけるという発想は全くなかったので、「目からうろこ」とはこのことだと思いましたね。部屋自体も納戸みたいにしか使ってなかったので、その提案に賛同して、今回このようなリフォームになったというわけです。

使ってない部屋にトイレをつけてお母さんの部屋に
駐車場から雨に濡れずに玄関へ

Sさん家族とヘルパーさんと伊東専務

Q3.工事が終わって住んでみた感想を教えてください。

まず、使ってなかった部屋がこんな形で生まれかわってとても満足しています。本来南側で一番良い部屋だったのに使わない部屋になっていましたから。
配置的にもリビングダイニングに隣接しているので、家族の目が届くとてもオープンな場所なので、安心して母も暮らしていると思います。僕たちも安心ですしね。
また、建物の脇に屋根も付けてもらったので、南側の駐車場から雨にぬれずに玄関に入れることもとても便利になりましたね。
母のためにリフォームをしたわけですが、家族の私たちにとっても使いやすい家になったということはとてもうれしいことです。
実は、私は仕事柄、「ユニバーサルデザイン」ということに以前から携わっているのですが、高齢者や障がい者だけだなく、誰でも使いやすいのが本当の「ユニバーサルデザイン」だということを自分自身で実感しました。

Q3.同じような状況の方にアドバイスをお願いします。

一番大事なことは、「どうやって良い工務店と出会うか」ということですね。
このような福祉住環境のリフォームは特殊な部分が多いので、失敗する事例も多いんだろうなと思います。実際に、私たちも伊東さんではなく、最初の工務店に頼んでいたら多分失敗していたと思いますし。
良い工務店に出会えれば、その時点で成功したことと同じだと思います。
素人は無知ですから、信頼できる専門のプロフェッショナルに出会うことですよね。
私たちもそうでしたが、リフォームの必要が生じてから時間がなかったので、あわててしまう可能性もあると思います。
伊東さんみたいな本当の意味でのプロフェッショナルと出会えると良いですね。

この家の詳細事例はこちらから