山梨の木の家の注文住宅 二世帯で暮らす「増坪町の家」 伊東工務店の作品です





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で65年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



(有)伊東工務店
〒400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191


洋館風の二世帯住宅   「これで娘夫婦と孫と一緒に暮らせます」


【基本情報】
建設地 甲府市
敷地面積 260坪
床面積257m2(78坪)
構造 SE構法2階建 
仕様 長期優良住宅 耐震等級3
断熱材 MOCOフォーム 壁100mm屋根180mm
外皮性能 Ua値0.51W/m2k Q値1.80 W/m2k ηAC 1.4 ηAH2.2

【お客様の要望】
娘夫婦との同居を機会に、家を新築する事となりました。
現在住んでいる家は築45年と古く、冬は寒いし夏暑い、あと地震も心配だったので思い切りました。
現在孫は一人ですが、今後二人目ができれば家じゅうが賑やかになり、楽しい暮らしが出来ると期待しています。
なので、家族みんなが使いやすく、また冬暖かく、夏涼しい家と地震に強い家を希望しました。


夕暮れ時の玄関アプローチ

洋館を思わせる外観

外壁タイルはスクラッチ

玄関ポーチ

広いリビングルーム

リビングからダイニングを見る


ゆったりとした寝室


トップライトのあるキッチン


和室からリビングを見る


和室8帖



LDKへ続く玄関ホール


広々したWC


1階寝室


玄関


子世帯キッチン


子世帯リビングルーム


広いバルコニー



【ワンポイント解説】
洋館という様式
飾り床を正面に構えるというには気がひける。
カウンターを兼用する靴入れでいい、正面の壁はお気に入りの絵を予定してある。
居間と食堂と隣り合う座敷はひとつの間となっている。
洋的なイメージに生と死が同居する空間を考えてみた。
新しく座る大黒柱の下には、世代を継ぐこの家の未来へのメッセージを仕掛け、客間は「現代の粋」を描いてみた。
住まいは、玄関を兼用する二世帯の住宅となっている。

基本設計は当社社長が担当しました。

   

【お客様の声】
以前からご縁のある伊東工務店さんへ依頼しました。
なので初めから他の工務店やハウスメーカーはどこも見ていません。
今回は娘夫婦と同居する二世帯住宅ですので、子供たちや私たちの基本的な要望を伝えて基本設計を依頼しました。
玄関だけが共有で、その他は完全独立型としました。息子夫婦だったらこうはしなかったかもしれませんが。

外観イメージも「これを」といったものもなく、伊東さんにお任せしました。
外観も内観もコンピューターグラフィックで見せてもらえるのですぐにイメージはつきましたので安心して進めることが出来ました。

今では、娘夫婦と孫たちに囲まれて楽しく暮らしています。

【工事を終えて担当者から】

工期も解体から竣工まで約1年かかりましたが、「洋館」を思わせる重厚感たっぷりの家が完成しました。

当社でもこうした家の建築は中々あるものではなく、しっかりとした構造で良い意匠(デザイン)の家が出来てご満足頂いたことに大変嬉しく思っています。

これまで二世帯住宅は何軒か建ててきましたが、一般に娘様夫婦との同居では玄関など共有する部分が多いと感じていることと、平面計画は早めに決まることが多いと感じています。

二世帯住宅を計画する上で最初の大事なポイントとなります。