山梨の注文住宅 空間デザイン パッシブデザイン ライフデザインを提案する快適な暮らしの注文住宅の工務店です





時と暮らしをデザインする家づくり、この街で60年 甲府市の工務店です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


(有)伊東工務店
〒 400-0043 山梨県甲府市国母2-4-1
055-228-8191

日照をシュミレーションしてみる

■予測と実測(よそくとじっそく)

設計段階からシュミレーションしたものと、実際に建築した竣工写真を見比べて下さい、かなり高い精度である事がわかります。
パッシブ建築には自然風利用や昼光利用など、いくつかの要素がありますが、その一つの日照も大事な要素となります。

実例モデルにて予測と実測

外観モデリング

予測シュミレーション

グーグルスケッチアップで予測

竣工写真

実際の竣工写真

■「暖かい」「涼しい」には理由(わけ)があります。

パッシブデザインとは、エアコンなどの機器を使わず、建物の構造や工夫により太陽の光や熱、風といった「自然エネルギー」を最大限利用し、快適な住まいを作り出す設計思想、設計手法のことをいいます。
昔から夏蒸し暑く、冬は底冷えする山梨の家は、すだれで夏の日射熱を遮り、冬はガラス戸と内障子で暑さを和らげたり多くの知恵や工夫がありました
 それらに工夫は、まさにパッシブデザインです。

■日照を検討することは、敷地の長所を活かし、短所をカバーする

パッシブをデザインする要素は、断熱、昼光利用、自然風利用、日射遮蔽など、いくつかの要素があります、また冬と夏の考え方もそれぞれ相違があります。
 しかし、こうした要素を十分考慮したといっても、近隣の建物や高低差などの地形など建設地の様々な要件を加味しなければ良い建築はできません。
 「日照シュミレーション」をすることで、冬に有利な建物内部への日射取得を考え、建物内部の室温や明るさを事前に検証することが出来ます。

■日南側の窓から入る日射エネルギーは450W/m2k

計画した建物には、冬至や夏至或は春分や秋分の時期には、どこまで日差しが入るのか、また計画した建物の日射遮蔽はどうなのかなどを事前に予測する事が可能となります。
夏の暑い日は、すだれや樹木、また緑のカーテンなどにより夏の日射を避ける事も大事ですが、寒い冬には暖かな日差しを部屋の奥まで入れる事も大事です。
冬よく晴れた日、南側の窓から入る日射エネルギーは450W/m2と言われます。
こうした自然エネルギーの効果を確認する事は、「我が家の省エネ」を考える上でも不可欠です
 

実際にシュミレーションしてみる(12月23日の冬至)




実際にシュミレーションしてみる(9月23日の秋分)




実際にシュミレーションしてみる(6月22日 夏至)